きりえの世界
坂部信子


  News!(2019.6.24)


富士川・切り絵の森美術館 企画展 切り絵で伝える“生きる喜び”坂部信子のきりえ展
2019年6月23日 終了しました。ご覧いただき有難うございました。


https://www.kirienomori.jp/modules/art_museum/index.php?content_id=1




富士川・切り絵の森美術館 企画展

切り絵で伝える“生きる喜び

坂部信子のきりえ展


  今回の企画展では、坂部信子のこれまでの創作活動の足跡を可能な限りお示ししたいと考えている。
伝統的な日本の切り絵創作の技法を根底に踏まえつつも独自の表現技法と視線により“新たな切り絵の世界”を
切り拓いてきた「坂部信子のきりえ」の全容をお楽しみいただきたいと思います。
                                                     (チラシより抜粋記載)

  


NHK 首都圏のニュース   4月9日 6時28分

山梨県で創作切り絵の作品展

切り絵作家が旅行先でスケッチした人々の営みや風景をもとに創作した切り絵の作品展が
山梨県身延町の美術館で開かれています。

この作品展は40年以上にわたって活躍する切り絵作家、坂部信子さんの作品を集めたもので、
身延町の「富士川・切り絵の森美術館」には大小合わせて53点が展示されています。

坂部さんの切り絵は、国内外に旅行した際に人々の営みや一瞬の表情を捉えていて、
陰を強調する伝統的な技法だけでなく、絵画の要素も取り入れられているのが特徴です。

このうち愛知県岡崎市の桜祭りの様子を描いた作品は咲き誇る桜の下を屋台などが並ぶ
楽しそうな様子が描かれています。

また「生きる喜び」と題した縦3メートル横1.5メートルの作品はアジアの人々の
暮らしや祈りの様子を丹念に描いています。

訪れた女性は「勢いがある作品でとても生き生きしていると思います」と話していました。

坂部さんは「どこまで絵画的にできるか追及しています。原点は紙なので、切り絵を
身近なものとして楽しんでほしい」と話していました。

この切り絵作品展は6月23日まで開かれています。




身延での作品展  NHK山梨県ニュース4月8日 16時18分 同左


トークショーを前に




ここをクリック↓

きりえの世界
アジア紀行
きりえについて
きりえ講座


個展・展覧会への誘い きりえ教室への案内 マイスケッチブック




あなたは番目の訪問者です!

◆ 日本きりえ協会常任委員
 E-Mail fwka5845@mb.infoweb.ne.jp
■contents
   本ホームページ内に掲載された作品の一部、または全部を作者の許可なく複写・引用することはできません。